学校制服の購入時期について~私立校と公立中学と公立高校の違い

未分類

 

小学6年生、あるいは中学3年生のお子さんを持つ親御さん、本日は学校制服の店「クゥマ学生服」にお越しいただき、誠にありがとうございます。

 

初回なのでまずは自己紹介から。

 

 

店長のクゥマです。

 

 

新入社員のキツニェです。

 

 

当店ではお子さんのご入学、ご進学にあたり、制服の購入が必要となる親御さんのために以下のようなことを分かりやすく解説していきます。

 

「クゥマ制服店」で伝えていくこと
  • 学校制服を買うときに気をつけるポイント
  • 買ったあとにやるべきこと
  • 在学中に行うべきこと

 

 

でも店長、たかが学校の制服を買うだけのことに気をつけることなんてあるんスか?

 

 

いかにも新入社員の質問だな、キツニェよ。制服を買うというのはな、ユニクロで服を買うのとはまったく別のことなんだ。これからよく勉強しなさい。

 

 

学校制服の購入時期

 

 

最初に面白いものを見せてやろう。キツニェよ、これが何か分かるか?

 

 

 

 

これは折れ線グラフ…スよね?

 

 

じゃあこの赤、緑、青の3つのグラフは何を表していると思う?

 

 

何をって…えーっと、

赤は小さな山が何度も現れてますね。

緑は中くらいの山が2回くらいある感じで…

青はとつぜん高い山が現れてきますね。

 

 

とりあえずグラフの特徴はとらえられたようだな。ではもう少し説明をくわえたものをお見せしよう。

 

 

お客様来店動向

 

 

これは…?お客様来店動向…?

 

 

そう、1月から3月にかけての学校制服を買いに来るお客様の数を、

私立学校

公立中学

公立高校

に分けて表したものだ。

 

 

へぇ~、こんなの初めて見ました。それぞれ動向が違うんですね。

 

 

はお客様の来店動向は私立校、公立中学、公立高校によって明確な違いがある。それを表したのがこのグラフだ。

まずはこの動きを頭に入れておくように。

 

 

がってんです!

 

 

このグラフをはじめ、当ブログで紹介するデータははある都道府県における状況を元に抽出したものです。お客様の来店動向や学校の試験や合格発表、入学手続日等については地域によって異なります。あくまで一つの例として紹介しておりますのでその点をご了承ください。

 

 

公立中学の制服購入の動向

 

 

ではそれぞれについて見ていこう。

キツニェは中学受験?

 

 

え…?いや、ふつうに地元の中学に行きました。勉強もそんなに好きじゃなかったスから。

 

 

じゃあ最初はキツニェの行った 「公立中学」から見ていこう。

 

公立中学校の制服購入者数動向

 

 

こうして見ると1月から2月に小さくふえたりへったりしてますね。なんで山ができるんだろう?

 

 

そりゃ土日があるからだよ。お客さんは子供が休みの土日に買いに来るんだから。

 

 

そ、そうっスよね。土日っスよね。

でも2月のとちゅうでぱったりなくなってしまうのは?

もうほとんどの人が買ってしまったってことスか?

 

 

まあ、それもあるがそうなる理由がある。

 

早く買わないと在庫切れになるとか…?

 

 

そうじゃない。締め切りだ。公立中学はだいたい2月のどこかに申込の締め切りがあるんだ。

 

 

 

 

な~るほど。週末ごとにきれいに山ができて、締め切り日でおしまいってことですね。

でも締め切りを過ぎたらどうなるんスか?もう売ってくれなくなるんスか?

 

 

そんなことはない。締め切りをすぎたって販売しないわけじゃない。

 

 

なんだ、なら安心。別に締め切りを気にしなくてもいいんスね。

 

 

ただし、締め切りをすぎたら入学式には間に合わない。

 

 

…それじゃ意味ないっス…

 

 

だろう?

学生服を買うのがふつうの服を買うのと違うのはそこに締め切りがあること。ここを過ぎたら大切な入学式に制服が間に合わないという大変なことになるんだ。子供にとっての大切な門出の日にそんなことになるのを望む親は誰一人としていないだろう?だから制服を買うときは絶対に締め切りを過ぎちゃいけないんだよ。

 

 

自分ひとりだけ制服着てないなんて…考えただけでもおそろしいっスね。

 

 

そういうこと。

 

私立中学・高校の制服購入の場合

 

じゃ次は私立学校を見てみよう。

 

 

私立かあ。

自分には縁がなかったっスけど、私立は受験があるんスよね?

 

 

全員が受験があるわけじゃないだろうがね。ただ私立の場合は公立中学のように一定期間に同じような数のお客さんがやってくるというのとはちょっとちがう。

 

 

私立制服購入者数

 

 

さっきの公立中学とくらべると山ができるのが少ないっスね。これもなんか理由があるんスか?

 

 

地域によって違うから一概には言えんが、私立の場合はいろいろあるんだよ。

 

 

いろいろってなんスか?

 

 

じゃあ順番に説明しよう。たいていの場合、私立校は合否が発表されるのが公立より早い。

 

 

そういえば高校受験のとき、私立を受けた友達は早くから受験勉強から解放されてましたっけ。

 

 

そう。でその結果が分かるのがこのデータの店の場合、2月上旬なんだな。結果が発表されたら入学手続きのときに制服の案内をもらう。そこで第一の波が来るわけだ。

 

 

そうか、だから2月の最初に山ができるわけですね。

 

 

そう、だから2月の第1週、第2周の土日は制服の店は混雑することが多いんだ。

 

 

なるほど!2月の第1、第2土日は要注意ってことですね!これはメモっとこ。

 

 

ただ、そのお店が私立の制服を扱っていなければ必ずしもそうとはいえない。お店によっては公立校だけを扱っているところもあるからね。自分が行く店がどういう学校の制服を扱っているかを日頃からチェックしておいてもいいだろう。

 

 

まあ・・・なかなかそのときにならないと面倒くさそうですけどね。

で、私立の第2の山は何なんですか?

 

 

それはここにヒントがある。

 

 

 

私立の手続きの次は公立高校の合否発表のあとに第2の山がくる・・・あ、そうか!

 

 

気づいたようだな。センシティブなことだからあまり大声では言いたくないが、私立の場合は制服を喜んで買う人とそうでない人に分かれるんだよ。最初の山は希望の私立に行けて喜んでいる人、そして後半の山は…

 

 

希望の公立高校に落ちてがっかりしている人、ということっスね。

 

 

そういうこと。だからキツニェもこの時期に私立の制服を買いに来るお客さんには軽々しく「ご入学おめでとうございます」などとは言ってはいけない。中にはおめでたくないという人もいるんだからな。

 

 

なるほど…覚えておきます。

 

 

公立高校の制服購入の場合

 

 

最後が公立高校だ。これはもう、気をつけるポイントはただ1つ。グラフを見れば一目瞭然だろう。

 

 

 

 

合格発表の直後からすごい山になってます。

 

 

公立高校の合格発表はだいたい2月の下旬。

そして入学式は4月上旬。

 

 

でも1ヵ月はありますよね。

 

 

というのが世間一般の人の考え方だよな。でも、これからも口酸っぱく言うつもりだが、学校制服は注文品なんだ。買ってすぐに持って帰られるものじゃない。特にこの時期は少なくとも1ヵ月はかかると思っておいたほうがいい。

 

 

え・・・じゃあギリギリじゃないスか。

 

 

そう。合格発表から入学式までの間があまりに短い。締め切りもすぐだ。だからここから学校制服の店は恐ろしいことになる。

 

 

恐ろしいこと、とは・・・?

 

 

とてつもない数のお客さんがお店に押し寄せてくる。

 

 

ま、まじスか・・・

 

 

お店の規模にもよるがね。ウチは小さいからそうでもないがデパートとかは土日はたいへんなことになるらしい。混雑時に行けば3時間待ちなんてこともあるみたいだよ。

 

 

さ、3時間・・・?!やだなァ、店長大げさ言って。

 

 

大げさではない。だからそのことを知っている人は朝から行くんだ。開店とともにダッシュなんてこともあるらしい。

 

 

うへ・・・。

 

 

まあこれは土日の話だから平日はそうでもない。平日に行けるのならそのほうがいい。合格発表があったらお祝いのパーティーをするのもいいが、その前に制服を頼んでおいたほうがいいってことだな。

 

 

学生服を買うときは早めに準備をしよう

 

 

学生服を買うってけっこうたいへんなことなんスね~

 

 

そう。ユニクロで服を買うのとは違うというのはこういうわけだ。

ただ、どうしても初めて買う人の中にはそのことが分からないことも多い。毎年ギリギリにかけ込んでくるお客さんも少なからずいる。

 

 

でも大丈夫なんスか?それで。

 

 

メーカーに頼みこんだりしてなんとか間に合うようにお願いするけど、それでも入学式の前日の午後とか、本当にギリギリの入荷になってしまうね。

 

 

それじゃ心配ですもんね!

 

 

そう、だから後で慌てたりしないためにも学生服を買うときはとにかく早めから動くこと。これが一番のポイントだね。

 

 

 

では店長、そろそろまとめに入りましょう。

 

 

ウム。じゃあ、今回はこれで。

 

 

 

次回以降はどんな話になる予定ですか?

 

 

今回学校制服の購入について大まかな流れを説明したので、次回以降はそのときどきのポイントを細かく話していくつもりだ。制服を買うつもりの人には知っておいてほしいことばかりなのでぜひまた来店してほしい。

 

 

じゃあ次回も見過ごせないっスね!

 

 

次回 → 「学生服の納期はどれくらい?ギリギリになっても間にあうの?

 

 

コメント